あなたにもできる漏水調査|有限会社ユネット ユネットは問題の解決を提供する会社です

    yoonnet.comホーム > 埋設管漏水調査 > あなたにもできる漏水調査


 漏水調査依頼はこちら
お問い合わせフォーム入り口


■ お問い合わせの前に 
 こちらをお読みください


border

rousui FAQ

漏水量について
管種について
舗装について
埋設深度について
騒音環境について
管内圧について

配管図がない…?
僅かな区間の漏水…?

 調査の上で大事なこと
「一度来て」の依頼には
当社への問合せについて


給水システムの違い
による調査方法の要点

直結管方式
加圧給水ポンプ方式
高架水槽方式
増圧給水方式

排水管


消火管のシステムの違い
湿式、乾式
消火栓、連結送水管、SP管
消火ポンプの有無
消火補助水槽の有無


調査物件による調査方法
の要点

マンション
オフィスビル
工場
ゴルフ場
公園
パチンコ遊技場
公立小中学校
中、大規模敷地の大学
商業施設(モール)
商業施設(スーパー)
レストラン
銭湯、SPA施設
乗用車ショールーム、整備工場


ピンポイント発見の
メリット

補修工事費軽減
補修、更新、引替検討
補修するか露出で更新

border

profile
site map
pdf lib

border

論文集  
  テツアド出版社: 
  月刊リフォーム寄稿論文

月刊リフォーム5月排水設備の
リニューアル要素技術

月刊リフォーム12月埋設管漏水探査
月刊リフォーム11月マンションの改修に
失敗しない為には…
月刊リフォーム3月コンクリート
中性化深度測定調査
月刊リフォーム9月給排水管の
リニューアルを考える

左エリア
プロジェクトX

● SORシンクロトロン
● 群馬アリーナ風向測定
● 巨大百貨店の設備調査
● 7kmの埋設消火管漏水調査
● 東京大学の設備法定検査
● 東京ミッドタウンの
 排水管系統調査

 あなたにもできる漏水調査!
  こちらは「自分でできる漏水調査」のページです

漏水調査の大半を占めるのが給水管の漏水調査です。(消火管・工業用水管の漏れについてはこちら

 事は水道料金と下水道料金に関わることなので黙っているだけで料金はドンドンかさんでいきます。
でも、「埋設管の漏水調査なんてどうやったら出来るのか。高価な機械はないし、漏水音を聞き分ける耳は持ってないし... 」というのが
おおかたの感想ではないでしょうか。しかし、漏水調査診断士といっても初めは何も知らなかったのです。
けれど、手順を踏んで経験を積んでいくと、なるほどそうかと思えることがたくさんあります。

 給水管は直結型(戸建て住宅の大半がこれ)、加圧給水型・受水槽高架水槽型・増圧給水型(集合住宅のほとんどがこれ)です。
この給水方式による違いはこちらで詳しく述べていますので、ここでは直結型を重点的に話を進めていきます。


【1】まず、漏水調査は「削除法」です。
「ここには漏水がない」という区画や系統を削除していき、最後に残ったあやしいところを重点的に調べます。
あやしいという意味は、配管から音がする・湿っている・水が溜まっている・どこからかの水がちょろちょろ流れている、といったところでしょうか。

【2】それ以前に「漏水していること」の確認が必要です。
漏水してもいないのに漏水と思うのは、いくつかの思いこみや思い違いから来る場合が多いのですが、その最たるものは、水が浸みだしている、または水溜まりがいつもある、というものです。
天候との関連(晴れの日も水溜まりがあるかなど)を観察することや、流しっぱなしの所がないか再度確認して下さい。

 露出部だから無いと言い切るのは早すぎます。
水道蛇口であれば口元を誰でも注視しますが、加湿管や給湯器への配管、それ以降などは見ましたか?
意外と気づかれないのは、便器にすーっと1本水の線があるとか、散水栓にホースがつないであってその先から出ているのに気づかない、等です。他には、例えば、池の中に入っていたり、自動散水器に繋がっていたり...です。

【3】お勧めしたい確認方法は「量水器がいつも動いているか」という確認です。
 直結タイプの給水方式で量水器が動いてなければ漏水はありません。しかし、ポタポタ落ちるような漏水ではそううまくいきません。
最低10分間は量水器の動きをメモして下さい。真ん中にある銀色のもの(パイロット)がゆっくりとでも回っていたら、水が動いている状態といえます。水が動いているという意味は、漏水または他の水栓などからの水漏れです。
(時間をおいて写真を数枚撮ると、パイロットが写真毎に違っている=動いている=漏水している、というように明白です)

【4】漏水量の測定の章にあるように、受水槽・高架水槽方式や加圧給水方式で漏水量の測定をしても無ければ漏水ではないのですが、
仮に、浸水がある、水溜まりがあるといった場合は、その水を採取して「残留塩素」の測定をしてみれば水道水かそうでないかが分かります。(測定キットが安価で売っています)水道水であれば間違いなく漏水ですから、そこを掘って修理すれば解決します。

【5】また、漏水量がある程度多い場合、毎分3リットルから数十リットルの場合は水路(みずみち)が出来ていたり、近くの下水道に流れ込んでいる場合があります。敷地内のマンホールをくまなく開けてみましょう。これで見つかる場合もしばしばです。

【6】埋設管路が確実に分かっている場合は、管路に沿って1メートルおきにドリルで穴を開け、先のとがった鉄の棒などを埋設管の深さ(通常1.2から1.5m程度)まで押し込んで抜いてみると、鉄の棒がぐっしょりと濡れていたり、水がポタポタ、ひどいのになると開けた穴から水が噴き出してくることがあります。

【7】 埋設部分の音を聞くのは難しいでしょうが、水道蛇口に耳を当てたり、ねじ回しなど硬い棒を水道管に押し当て、その端に耳を当てて音を聞くとたまに「シャー」とか「ゴー」という水の流れている音が聞こえる場合があります。
(もし何かの音が聞こえてきたら、この音が何なのか?の対処の仕方でプロとアマの差が出てきます)

 ここで、「状況を変えて」再度音聴をします。
皆さんにもできることは、水道の蛇口をちょっとひねって、水が「ポタポタ」から「スーッ」と流れる状態(流量で言えば1分間にコップ1杯程度)まで微開にするとその音以上にシャーと聞こえてくるはずです。
次に、水道の元栓を閉め、水道の蛇口から「スーッ」と流れている状態だったのが、止まったことを確認して下さい。
その時、先ほどの音も聞こえなくなったらそれは確実に漏水音です。

【8】漏水調査はなにもピンポイントで探し当てるだけが仕事ではありません。
 この区画・この範囲に・漏水が確実にあるが、そこを掘り当てて修理する意味がない場合もあります。
それは、30年を越すような老朽管の場合です。たとえその箇所を修理してもまたすぐ他の箇所から漏れてくるのは目に見えています。
そういった管はいっそすべて敷設替えをするのが賢明です。費用的に問題があるようでしたら、いくつかの区画に分けて一番怪しい区画から始めるやり方もあります。
 そうした部分改修の時こそ、水道屋さんにお願いし、いくつかに分けた区画のそれぞれで耐圧テストを行い、漏水区画の細分化を図る手もあります。

【9】その他、漏水調査を行う上での細かなポイントを挙げればたくさんのヒントが浮かび上がります。
 その一つが漏水量から一つ一つ潰していくというものです。以下に思いつくものを挙げてみました。
  • 全ての水道水栓(蛇口)が閉まっているか

  • トイレの便器などうっすらと水の流れている線がないか

  • 製氷器、水飲み機その他機械につながっている水道管はないか

  • 給湯器に接続された管はないか、給湯器またはボイラーのドレンは閉まっているか

  • 手洗い器の流しの下に給湯器が隠されていないか、そこからのドレンはちゃんと閉まっているか

  • その他水道水が冷却水、加湿器の補給水として使われていないか、
    膨張タンクへの補給水、消火補助水槽への補給水として使われていないか

  • 水道蛇口にホースが繋がれて、ホースの行く先が不明なことがないか
    (例えば、池の水の補給水であったりして、それが垂れ流しということもありました)

  • 暖房、冷房で使われることはないか(加湿水、冷温水の膨張タンク補給水、その他)

  • 床下配管などで潜って捜せる箇所がないか
【10】量水器から水栓末端までに弁がある場合、量水器に近い方の弁から一つ一つ閉めて、量水器が回るかどうかを確かめて下さい。
 途中に水槽があって出来ない場合は、まず水槽の入口弁を閉めて様子を見て下さい。
 もしくは漏水量の測定のページで紹介した方法を参考にして下さい。これで漏水の起きている系統が判明すれば、
 それ以降をピンポイントで探すよりも部分補修ないしは全面更新をした方がよい場合がたまにあります。
 
  • 管が敷設後30年以上経ち、漏水が再発する可能性が十分考えられる場合
  • 管が建物の下を横断するなど敷設場所が好ましくないと思われる場合
  • 管が埋設されているが、露出配管、架空(天井やラック上に敷設可能管)配管に敷設がしたほうがいい場合
 こうしたチェックを重ねていくことで、思いもよらぬ所で漏水を発見できたり、ピンポイントで発見する必要さえない場合ということもあります。そして、それでも見つからなかった時にこそ、ユネットにご連絡ください。→ (メールお問い合わせフォーム

お問い合わせの際に、「こんなチェックをしてみたのだが(分からなかった)...」といった情報は、当方の漏水調査にとって貴重な参考情報になります。なるべくそれらを詳しく伝えてください。
 それでも、当方はそれを100%鵜呑みにはしません。参考にはしますが「漏水が無い区画の削除」をイチから行います。
でもどうか、上述した確認操作を一通り行ってみて「埋設管に漏水がある確証」を掴んでからご連絡下さい。





消火管の漏れについて
 漏水調査の大半を占めるのが給水管の調査ですが、消火管の調査もあります。
 消火栓の漏れの兆候はいくつもありますが、代表的な4つを挙げますと以下になり、こうしたものはほとんどの場合が漏水です。
 
  • 消火補助水槽に絶えず水が補給される
  • 水圧試験の結果、圧が上がらない
  • 昇圧ポンプ(ジョッキーポンプ)が頻繁に回る
  • 圧力低下のブザーが頻繁に鳴る
しかし、漏水調査会社を呼ぶ前にやっておくことがあります。すべての場合において、漏水量を把握することが大事です。

 量水器の読みや、消火補助水槽に絶えず補給される水量をコップやバケツに受け、毎分何リッターか算出し、それが水道局の請求と合うのか確認することです。次に、地上への染み出しはないか、染み出しているとすればその残留塩素はどうか(測定キットが安価で売っています)。マンホール蓋を開けて廻り、そこへの流れ込みはないか。消火ポンプのフート弁から逆流していないか。屋外消火栓を開けて水を流して異常がないかを見たりもします。

 本当に水が染み出しているところはハンマードリルで穴を開け、鉄の棒をつっこんでみると水でぐっしょり濡れていたり、酷いときは水が染み出してくる場合があります。しかし、これらは抜本的な解決策ではありません。 究極の解決策、それは全て架空配管にしてしまうことです。
 某有名会社の工場ではそれをしましたが埋設管が1/3ほど残っており、そこからの漏水でした。


漏水調査会社を呼ぶにはいくつかの条件が必要です。

【1】十分な漏水量があること
   大規模な工場では毎分10リットル以上、大規模マンションでは5リットル以上、中小規模のマンション建物施設では3リットル以上

【2】調査日は静かであること
   工場などは稼働日でない土、日など。ショッピングモールはなるべく定休日のお店が多い日

【3】消火栓ポンプの発停や消火栓の圧が変動しても可能な日であること
   消火栓ポンプの発停や消火栓の圧が変動しても可能な日であること。もしくは予め連絡し、その操作ができる日


 料金について
   下記よりあてはまる物件場所と物件種類、埋設距離を選んでください。お見積り窓が開き、また、そのままご注文いただけます。
東京都内
戸建て・マンション戸内
 
東京都内
マンション共有部・店舗・施設
工場・トラックターミナル
埋設距離 〜100m
東京都内
マンション共有部・店舗・施設
工場・トラックターミナル
埋設距離 〜200m
東京都内
マンション共有部・店舗・施設
工場・トラックターミナル
埋設距離 〜400m
埼玉・千葉・茨城・神奈川
戸建て・マンション戸内
 
埼玉・千葉・茨城・神奈川・群馬・栃木
マンション共有部・店舗・施設
工場・トラックターミナル
埋設距離 〜100m
埼玉・千葉・茨城・神奈川・群馬・栃木
マンション共有部・店舗・施設
工場・トラックターミナル
埋設距離 〜200m
埼玉・千葉・茨城・神奈川・群馬・栃木
マンション共有部・店舗・施設
工場・トラックターミナル
埋設距離 〜400m

→ その他、漏水に関するご相談はこちらのフォームからお問い合わせください。



 埋設管漏水調査について(PDF)
   電子書類(PDFデータ)をダウンロードできます。
   論文は別窓にて閲覧可能です。また、PDFデータもあります。


PDF
漏水調査について
PDF
埋設管漏水調査要領書
PDF
漏水調査よくある質問集
(FAQ)
PDF
あなたにもできる漏水調査
月刊リフォーム
月刊リフォーム寄稿論文(別窓表示・PDFあり)




◆ http://www.yoonnet.com  ◆ e-mail
Copyright(c) since 1993 Yoonnet Co., Ltd. All rights reserved