空調機器の劣化調査、診断|有限会社ユネット
ユネットは問題の解決を提供する会社です

 yoonnet.comホーム > 設備機器診断 > 空調機器劣化診断


お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム入り口
ユネットポルシェステッカー border

profile
site map
pdf lib

border

論文集  
  テツアド出版社: 
  月刊リフォーム寄稿論文


月刊リフォーム5月排水設備の
リニューアル要素技術

月刊リフォーム12月埋設管漏水探査
月刊リフォーム11月マンションの改修に
失敗しない為には…
月刊リフォーム3月コンクリート
中性化深度測定調査
月刊リフォーム9月給排水管の
リニューアルを考える

左エリア
プロジェクトX

 空調機器劣化診断

   ユネットは空調機器(二次側機器:空調機、ファンコイルユニットなど)の劣化診断を行う会社です

   熱源設備が一次側の冷熱源、温熱源であれば、空調機、ファンコイルはその熱を使って空調を行う二次側の機器です。
 冷水、温水(冷温水)コイルとフィン、ファンとモーターを抱え室内の空調を行います。

■ 空調機:構造はやや複雑ですが、ほとんどの部材が目視でき腐食、劣化度が判断できます。
  また風量や温度、湿度を測定することで空調機の能力を算出することが出来、その後の改修計画や能力増強のための
  追加設備容量の目安になります。

■ ファンコイルユニット: 冷房時に空気中の水分が露となってフィンコイルを伝って流れます。
  また暖房時は加湿のための水が機器に接触し、腐食の原因となり機器の寿命を縮める要因の一つです。
  それらが腐食劣化の主因とも言えるでしょう。


 なぜ空調機の劣化調査は必要なのでしょうか?
 ファン、モーターなどの回転機器やドレン(露)などがフィン、コイルの腐食を招くため、定期的な保守と予防保全が必要です。
 室内空調に直にかかわる主要機器です。日常管理と共に寿命の予測をたて計画的な補修、改修をしましょう。

熱源方式に合わせた空調機の方式を検討したい :
 熱源が変わり、冷水、温水が無くなれば全く別の方式となる可能性があります。
 例えばヒートポンプ(エアコン)を導入すれば空調機も不要で、換気のためには全熱交換換気扇が使われます。

空調機こちらは代表的な空調機です。外板はかなり腐食しています。
空調機はいくつもの部品から成り立っており、しかもそれらを順次更新、交換していくとかなり長く使用できますが、ある時点を越すと新品に更新した方がトータルコストは安く済む場合が出てきます。
つまり頻繁に補修が必要となる時期で、その時期を調査で予測します。

下は調査票の一例です。(A4、2枚綴り)


 調査報告書例
調査票

調査票

調査票
 * 劣化票はわざとぼかしてあります。画像をクリックすると拡大表示します。


 料金について
  見積依頼はこちらをクリックしてください。(問い合わせフォームが開きます)

  項 目   価 格
 ターボ冷凍機 / 冷温水発生機 / ボイラ / 冷却塔
 空冷ヒーポンチラー / 空調機・外調機
 ¥20,000/台
 ファンコイル / ポンプ / ファン / 水槽 / 換気扇
 全熱交換機 / フィルターユニット
 ¥15,000/台
見積条件
平日昼間、機器損料含む、報告書含む
見積例: 空調機5台+ポンプ5台 (20,000×5)+(15,000×5)=¥1750,000(報告書付)+ 消費税




◆ http://www.yoonnet.com  ◆ e-mail
Copyright(c) since 1993 Yoonnet Co., Ltd. All rights reserved