建物調査・診断|有限会社ユネット
ユネットは問題の解決を提供する会社です

 yoonnet.comホーム > 建物調査・診断


お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム入り口
ユネットポルシェステッカー border

profile
site map
pdf lib

border

論文集  
  テツアド出版社: 
  月刊リフォーム寄稿論文


月刊リフォーム5月排水設備の
リニューアル要素技術

月刊リフォーム12月埋設管漏水探査
月刊リフォーム11月マンションの改修に
失敗しない為には…
月刊リフォーム3月コンクリート
中性化深度測定調査
月刊リフォーム9月給排水管の
リニューアルを考える

左エリア
プロジェクトX

 建物調査・診断 (建物外観、内部、壁、床、天井、屋上目視調査)

  ユネットは建物の調査・診断を行う会社です
     建物の外部、表面に発生する様々な異常・劣化等を調査、観察し建物の状況を把握
     経験・技術・知識を必要とされる調査です



 目視、打診、強度測定、鉄筋調査、中性化深度調査などの調査方法があります。
  設計図や設計図書、修繕履歴等の資料により、建物の概要(立地・竣工年・仕様・改修履歴等)を把握します。
 目視や写真撮影、打診により建物の現況・異常の発生状況等を把握します。

 同時に、異常の種類・部位別に図面化し調査によって得られたデータをもとに建物を把握し、
 異常発生の原因を考察します。その後適切な補修方法を立案いたします。
 以上の内容を整理し、調査報告書を作成します。


外観目視他調査(外観目視・触診調査)
 建物の外部に発生する様々な異常・劣化等を調査・観察し、建物の状況を把握する。

打診調査(外壁等打診調査)
 外壁タイルやモルタルの浮き状態を打診することにより、その反響音から空隙を識別するものです。
 音の解析によりその空隙の深さ・広さを判別し、剥離個所の特定を行うものです。

 ■ その他に、サーモグラフィー調査ひび割れ調査、光波測定などがあります。




  ● 中性化深度調査(フェノールフタレイン法)
 外壁(コンクリート打ち放し・モルタル塗り・タイル貼り)の中性化の進行度合いを測定するものです。

 コンクリート打設当時は強いアルカリ性ですが、雨・炭酸ガス・塩分等の影響により経年と共に
 表面から徐々に中性化していきます。コンクリートのアルカリ性質は鉄筋を保護するものですが、
 中性化が進行すれば鉄筋に到達し、やがては鉄筋の発錆となり爆裂などを起こします。
 従って、コンクリートの中性化は、建物にとって極めて重大な事項です。


  ● 簡易式コンクリート圧縮強度測定(シュミットハンマー法)
 コンクリートの圧縮強度を測定し、現状のコンクリートの強度を調査します。
 シュミットハンマー(簡易式コンクリート圧縮強度測定装置)を用い、非破壊にてコンクリート表面の
 反発度を測定し、得られた数値を補正式にて補正し、コンクリートの圧縮強度を推定します。
  → 詳しくはこちら


  ● 鉄筋位置、かぶり厚調査(RCレーダーによる方法)
 コンクリート内部の鉄筋の位置を探査し、配筋の状況、コンクリートのかぶり厚さを調査します。
 探査によって得られた数値を処理し配筋状態、かぶり厚さを把握します。
 給排水設備調査建物調査とともに給水管、排水管の劣化調査を行います。
  → 詳しくはこちら



■ ユネットは建物・設備の非破壊検査・調査を行う会社です。






◆ http://www.yoonnet.com  ◆ e-mail
Copyright(c) since 1993 Yoonnet Co., Ltd. All rights reserved